風のたより

ポイ活しながらたまにキャンプ。自由な時間を増やすべく奮闘中。

書くということ(3000文字チャレンジ)

みなさま、こんにちは。

管理人の風雛(かざひな)です。

 

先日からTwitterで「3000文字チャレンジ」というハッシュタグと共にたくさんのブロガーさんが「書くということ」について文字をしたためておりました。

なんと、この企画はもう終了のようで、やっと知ったことなのに寂しい限りです。

 

知ったからにはやってみたい。

写真も動画も貼らず文章のみで3000文字も書くという、なかなか大変な企画を、みなさん、楽しそうに「書くということ」について書いていらっしゃる。

 

ということで、チャレンジです。

 

「書くということ」とざっくりとあると、なかなか難しい……

 

管理人、小論文とか作文は嫌いなんです。

でも、日記とかブログとかメモとか習字とかそういうのは好き。

ちなみに小説書いたりするのも好きなんです。

うーん……よし、せっかくブログを書いてるんだ。

文章を書くということに絞って書いてみよう。

 

文章を書くというのにハマったのは、記憶にある中だと小学校の時だった気がします。

 

その名も「交換日記」

 

人によっては黒歴史となってしまう世にも恐ろしい「交換日記」

田舎の小さい小学校。

1クラスしかなくて、しかも20人もいないクラス。

全校生徒100人ちょっとしかいなかったと思います。

交換日記ってさ、ざっくり3種類あると思うの。

「親友交換日記」「友達グループ交換日記」「付き合い交換日記」

結構クラス全体が仲良かったので、「私もやっていい?」と誰かがなると「いいよ!」ってなって結果7人ぐらいで交換日記回してたりとか笑

 

自分の日記を他人に見られるという体験をしたのは多分これが初めて。

他人に見られると思うと、文章を少し盛ってみたりとか、少しでも面白く書きたくて当時流行った言葉を使ってみたりとか。

小学生ながらに色々工夫した気がします。

書きたいことがなくて回ってきた時にはイラストのみになったり。

中学、高校になると、交換日記は「手紙」という形に変わってより交換しやすくなっていきました。B6ぐらいのレター便に可愛いペンとか綺麗なペンで書いたりとかね。

あと、折り方にもこだわってみたりね。3枚ぐらいになると折るの大変で、それでもレター便に書いたりね。

書くことなくて自然と交換なくなったりして。

 

でも、交換日記や手紙には書くことがなくても、自分だけの日記じゃないけどそういうのには書くことがいっぱいある。

この記事を書いててやっと「あぁ、そうか」と理解したのですが、「人に見られる文章」と「思ったことを自分のために吐き出す文章」って違うんだなぁと。

人に見られる文章ってやっぱり少なからず読まれたくて、少しだけ見栄を張ってみたりするのですが、自分のために吐き出す文章と言ったら……ただの感情ですね。

見返すことは少ないというか、ほぼないですが、見返すともう何を言っているのか分からない。

 

自分のことなのに、読むと顔がチベットスナギツネになる。

 

むしろ文章とは呼べない、鉤括弧じゃおさまらない叫び?鳴き声?みたいなこともある。

動物か?ひらがな覚えたてか?みたいな。

あと真っ黒なページがある。

ひたすらボールペンでぐるぐるぐるぐるぐるgr…と書き潰したページ。

でも、なんかは伝わってくるから伝わるからには「書いた」ってことなのかな?

それともこれは「描く」の方なのかな?

 

そう思うとブログって不思議。

人に見せると自分のために吐き出すとのちょうど中間みたいな文章。

(え、まだ1,231文字ですか頭では分かっていたが本当に難しいな)

最初は稼いでやろうブログでした。

いや、今は稼いでやろうと思ってないみたいに書いたけど、稼ぎは欲しいよ?お金は欲しい。お金は大好き。お金は欲しい。

でも、それが多くなると管理人の場合筆が止まる。

たぶん、認めたくないけど、認めたくないけど、ブログで稼ぐということに向いてない…

ぐ……こうやって文章になるとダメージ入るな。

真下に投げたスーパーボールがでこにぶつかった感じ。

それでも、足掻いてよく分からないSEOとかちょっと調べちゃったりして、やってみるんだけどブログってそんなんだっかなぁ……っていう気持ちがチラつく。

いや、でも読まれたい。

読まれたいけど読ませるほどの文章力がない。けど、書きたい。

 

そう、書きたい!!

 

なんて書いていいか分からないけど、書きたい。

良いと思ったものは紹介したい。誰に言うわけでもないけど、勝手に公開したブログを読んでくれて共感してくれた人と「わかるわかる〜」っていう気持ちを共有したい。

あの交換日記の感じの知ってる人だけでふふふって笑えるようなネタって何故かすごく特別な感じがして、楽しいじゃん?あの感覚欲しい。

 

会話は苦手なんですが、文章を書くとなると会話より思った事を表せてる気がする。

会話得意な人すげぇな。よくあの一瞬で返答できるな。

待って待って、考えさせて。文章で頂戴。って思ってしまう笑。

管理人の場合、口よりも手の方がちゃんと意思疎通できてるんじゃないかな?

……寄生獣かな?取り憑かれてるのかな?私の両手。もしくは右手。

私の脳みそきっと両手にある。

 

最近はPCで書くことが増えたけど、原点はやっぱり手で書くことなので、咄嗟に思った事を書けるようにノートとペンは手元にあります。

ブログを書いていても、詰まってくるとノートに考えてることを書き出す。

考えずに思ったままに書いてると、不思議と絡まった紐が解かれていく。

解かれた後、ブログ作業に戻ると「コレジャナァァァイ!!」となって、全部書き直したこともあります。

書くことの生活が長いので、ペンとノートにもこだわり出して、メモ帳用のノートに1000円近く出したこともあります。

ペンはこだわりが行きすぎて万年筆に手をつけました。

自分に合ったノートとペンは、選手が良いスパイクを履いてるのと同じ感じだと思う。

書くことが気持ちよくてただただ書いていたくなるよ。

 

ここまで書いていてもまだ2217文字。

一つのお題で3000文字ってなかなか変態だわ……(褒め言葉)

いや、でもこういうお題がなければ、ここまで一つのことに対して深く考えることもなかったかも。

 

管理人にとって書くということは

 

自分を表現するための行為。

考えをほどくための行為。

仲間を探すための行為。

その時の状況を閉じ込める行為。

 

なんだろうな。口語と違って揺るがないよね。書いて文章にするってさ。

その時のその文章って、絶対そう思ってたんだよ。

思ってるだけだと、だんだん歪んでくる気がする。

美化されたり、悪くなってみたり。

新鮮なうちに文章に書き連ねる事で、それはその時の真実みたいなのを真空パックできる気がする。

 

どんな保存容器よりもその時の気持ちとか高品質の状態で半永久的に閉じ込めておける。

 

もしかしたら、アンネの日記みたいにずっとずっと残るかもしれない。

あれは、思ってるだけだったら絶対残らないもの。

……いや、実際どうなん?公開する気のない日記を公開されちゃうのって。

ブログだって身内にあんまり見られたくないのに……

いや、見てもらうために書いてるんですが、なんか身内に見られたくないと思うんですがこの気持ちなんでしょう…

お題とずれてしまったか。

 

なんだかんだ言ってますが、書くことと管理人の人生って切っても切れないものですね。

書いた文章ってもうアルバムだし教科書みたいなもんだよ。

日記があったから今の自分があるし、メモがあるからいろんなアイディアが湧いてくるし。

 

書いたら、良いも悪いも何かしらの反応がある。

そして、書いたからずっと残る。

刹那的に反応を楽しむのも良いんだけど、見返した時とかにも当時の感覚を少しでも良いから味わいたい。

それを味わいたいから、管理人は書くのです。

3000moji.com

 

雑記ブログっていいよね

みなさまこんにちは。

腸炎でだいぶHPを削られた管理人の風雛(かざひな)です。

こんなご時世ですが、胃腸炎もだいぶ怖いですよ。

お気をつけくださいね。

 

 カテゴリー「雑記」が誕生したよ

雑記

新しくカテゴリーを整理したことで、雑記というカテゴリーが生まれました。

いや、もともと雑記はいっぱい書いていたのですが。

 

 でも、この「雑記」は、管理人の中で、ブログオブブログのイメージなんだよね。

 

なんせ、管理人のブログのイメージは「公開日記」

 

だから、管理人は管理人の書きたいことを書くためだけのカテゴリーを作ってみたの。

 

……何書こうかなぁ…笑

稼ぐを気にしないカテゴリー「雑記」

昨今、ブログは「稼ぐ」のイメージが強い気がします。

管理人、アフィリエイトの存在を知ったのは3年前ぐらい。

ブログに携わること自体は、実は結構長くて、15年ぐらい前から読んだり読まなかったりしています。

読むオンリーですが。

 

管理人がブログを始めたのは、「稼ごう」という不純な動機だったのですが、読むのが好きなのは「雑記」なんですよね。

 

だって、楽しいじゃないですか。

 

自分と違う環境で暮らしてる人たちの、考えや、暮らし方や、試行錯誤を見てるのって。

 

あ、同じ状況でも、こう考えることが出来るんだな。

そうか、お金なくても、こんなこと出来るんだ。

苦手な事でも、だんだんと出来るようになるんだな。

あー…どうしようもないことってあるよねぇ…

 

なんて、雑記って前向きになったり、一緒に落ち込んだり、知らない人が書いたものだけど、不思議と仲間意識みたいなものが勝手に生まれてたり。

 

管理人、雑記のそういうところ大好きなんですよね。

 

だから、作りました。

 

背伸びしないカテゴリー「雑記」

ありのままの姿を見せることになる雑記。

 

エルサと呼んで。

 

「雑記」と書いて「エルサ」と読む。

 

でも、多分一番等身大で書けるカテゴリじゃないかなぁ…

他のカテゴリーが背伸びしているかと言われると、そうでもないけど…

いや、そうでもないか。

ポイ活・投資は、背伸びどころか、ひもで頭と足を引っ張ってます。

ま、挑戦枠なので、それはそれでいいか。

 

雑記というカテゴリーを作って一番しっくりきたのは、たぶん管理人。

むしろ、Twitterで雑記ブロガーなんて名乗っておいて、なぜ雑記カテゴリーを作らなかったのか。

 

「雑記」カテゴリができたことで、自分の思ったこと、好きなようにアウトプットしていいんだなぁ…とホッとした感じがあります。

 

おかえりスイートホーム?

 

またブログを書く側の楽しみを見つけた気がします。

 

 

 

ロゴス「防水ファイヤーライター」〜炭編〜

みなさまこんにちは。

連続で庭BBQをしている管理人の風雛(かざひな)です。

GWで家族全員が休みのようです(管理人以外)

もう仕事はどうしようもないので、せめてBBQには参加です。

 

前回、ロゴスの防水ファイヤーライターについて記事を書きました。

kazenox.hatenablog.com

 

前回の記事は薪の着火具合のことについてだったので、今回は、炭の着火具合についてを書きました。

 結論:うちわ等でのあおぎ不要!!

ファイヤーライターは、炭に火がつくまで燃え続けてくれました。

※燃え上がり方は前回の記事参照

しかも、段取り悪くてもきちんと火がつく。

今回は、ファイヤーライターに火を着けてから、炭を乗せました。

しかも燃えにくい灰にまみれた燃カスの炭を使いました。

炭をこれでもかというほど乗せても燃え続ける

燃カスの炭を、これでもかというほど、ファイヤーライターに乗せました。

消えるかな?と思いきや、炭の隙間を縫って炎をあげてるではありませんか。

ファイヤーライター 火起こし 最初

どういう事なの?強すぎない?

管理人、お腹がすきすぎて、炭に火が着くのを待たず、ファイヤーライターの火で調理を始めました。

いそいそとちびパンを乗せましたが、流石に早かったようで、あんまり温まらなかった。

焼けないことは、なかったですけど。

美味しそうな焦げ目とかは全くつかなかった。

ちゃんと、火が落ち着いてから料理しないとダメかー

あ、ちなみにファイヤーライターが燃え尽きるとこんな感じでちゃんと炭に火がつきます。

ファイヤーライター 火がついた

火起こしが苦手な人に本当におすすめです

火起こしのイメージ
放っておくだけで、簡単に火がつきます。

炭でも、薪でも。

最初の火が落ち着けばあとは簡単に火が広がります。

火が弱くても、種火があれば、うちわ等を強く煽がなくたって、簡単に火が復活します。

火起こしめんどくさいな、めんどくさいからやらないでおこうって思うのは、焚き火やBBQ好きな管理人としては、もったいないなぁと思います。

女性でも簡単に火起こし出来るアイテムなので、焚き火したいけど、BBQしたいけど、火起こし難しい!という方はぜひ使ってみてください。

コーヒーを飲みながら火が起きるのを待つのはとても格別な時間ですよ。 

火起こしかなり楽!!ロゴスの着火剤「防水ファイヤーライター」

みなさま、こんにちは。

久しぶりのキャンプ場でテンションが爆あがりだった管理人の風雛(かざひな)です。

まだ、桜が咲いていて、天気が良くてとても気持ちのいいデイキャンプでした。

花見キャンプ

その時に、ずっと試してみたかった着火剤を試してみました。

ロゴス「防水ファイヤーライター」

 

これがあればどうやら、色々工夫しなくても簡単に火起こしが出来るらしい。

思い立って、キャンプ場に出かけたり外飯をしたりする、管理人にとっては、火おこしを楽しむ時間があまりなかったりする。

そんな火起こしが簡単に出来るなら苦労しないし。と、半信半疑で試してみました。

使い方

ファイヤーライターの使い方

はい、この通り、3ステップで終わりです。

とても簡単。

ちなみに、外箱を取るとこんな感じで着火剤が何個かに分かれてます。

ファイヤーライター中身

で、この中から一個もしくは二個取るのですが、中身は個別包装になっていません。

なので、少しずつアルミを剥がして、使う分だけ着火剤を露わにするという方がいいです。

パッケージアルミ側

ちなみに中身はこんな感じ。

どうやらパラフィンという材料を使っているらしいです。

揮発性もないそうですが、アルミで覆われてる方がなんとなく保管によさそう…な気がする笑

注意点

個別包装になっていない

上記でも書きましたが、個別包装になっていないです。

なので、使う分だけアルミを剥がす方が無難かと思います。

ちなみに、アルミ、剥がしにくいです。

一気に剥がすっていうのは逆に難しいからまぁ、いいのかも。

実際使って思ったけど、ナイフで切った方がやぶきやすかったかな。

素手で掴まない

素手で掴むと手が荒れたりするらしいので、軍手を使うか、火ばさみで持つかしたほうがいいですね。

着火剤を一個取った

個人的には軍手か革手袋を使ったほうが、着火剤をパッケージから取りやすいかなと思います。

ライターの方が火をつけやすい

この着火剤を試した時は、火をつける道具がマッチかファイヤースターターしかなかったので、マッチで火をつけたのですが……

管理人のやり方が良くなかったのか、風があったからなのか、マッチでなかなか火をつけるのが難しかった。それでも、着火剤がある方が火起こしは楽ですが。

※ちなみに、松ぼっくりの力を借りて火をつけました。

火を近づけたら、すぐ火がつくというより、1秒ぐらい火が当たったら火がつくという感じです。

ちなみに燃えるとこんな感じ

youtu.be

 底に沈んでる松ぼっくりの残骸は、マッチの火を安定させるためだけに使いました。

頑張ってうちわで仰いだり、火が絶えないように小さい枝を追加したりしなくても、このように太い薪にも簡単に火がつきます。

ちなみに火をつける前にひたひたに水をつけてみたのですが、水を弾くようなので、火つけには問題ないみたいです。 

木炭の着火にも向いているようなので、木炭が試せたらその記事も載せたいと思います。 

 ※出来ました!!

kazenox.hatenablog.com

 

これでまた思いつきでデイキャンプがしやすくなるなぁ……

買い物に行くのと同じスタンスでキャンプ行けるとか最高だよね。

 

こちらの道具があればさらに思いつき外飯&デイキャンプがしやすいですよ。

なんせ、片付けが楽ですしね。 

kazenox.hatenablog.com

 

ブログを始めて1年が経ったってよ

ブログ祝1周年

みなさまこんにちは。

本業がかなり忙しい管理人の風雛(かぜひな)です。

また1ヶ月ぐらい休みが欲しいなぁ…

そうそう、ブログを始めて1年経ちました。

昨年の今頃、全国的に緊急事態宣言が始まり休業になりました。

よっしゃー!ブログやろう!!

って思ったんですよねぇ…だって自由な時間できるから。

kazenox.hatenablog.com

 

せっかく1年経ったんだからどんな状態か記録していこうと思います。

1年経って変わったこと

結果から言うと、「稼いでやろう」から「公開日記」に変わりました。

最初は「稼いでやろう!」って意気込んでブログを始めました。

えぇ、不純な動機です。

かなりの貧乏人だったので、当時の節約とか考えていたこととかを書いて儲けようとか考えてました。

でも、それって自分が書きたいことでもないような気がして全く続かない。

色々記事が迷走して行きましたが、1年経った現在は「書きたいことを書こう」と思うようになりました。

1年前の管理人、続ければ2、3ヶ月ぐらいめからブログが楽しくなってくるぞ。

レビュー記事が増えた

管理人、キャンプ大好きなんです。

kazenox.hatenablog.com

 外飯も好きだし、バーベキューも好き。

デイキャンパーなので、キャンプやってみたいけど、「テント買わないといけないよね」

とか思ってる人に、「もっと簡単に考えてもいいよ!もっと気楽にたのしもうよ!」って思ったのがキャンプ用品のレビューを書いたきっかけです。

kazenox.hatenablog.com

 

キャンプ用品って結構金額するじゃないですか。

なので、自分がこういうところを知れたらよかったのにって思ったところを、書いていければなぁと思います。

収益が出た

これが一番びっくりしたところです。

管理人の記事を見て買おうと決心してくださってありがとうございます。

手に入れたものは、思い描いたものと同じものでしたでしょうか。

きちんと自分のスタイルに合ったものでしたでしょうか。

嬉しい気持ちもありつつ、どうか読者様の満足できる一品でありますようにと、祈る気持ちもあったりします。

「続ければ金額の大小はあれど収益は出せる」

その言葉は本当なんだなぁと思いました。

多分、ジャンルとかタイミングにもよるのかと思いますが、その言葉は信じていいよ。

ちなみに、管理人の1年間の成果はコーヒー1杯分です。

いいですか、時給換算してはなりませぬ。

HTMLとCSSを少しだけさわれるようになった

プログラミングの勉強は何回か挫折してきた管理人。

ブログを書くことでコードを調べたりすることが多くなりました。

まだまだまだまだ分からないことが多いですが、それでも今が一番理解度が高いです。

やっぱり目的あっての勉強ですね。

行動力が少し出た

考えて考えて考えて結局動かない。ということが結構ありました。

ただ、ブログを始めて、完璧じゃないけど6割ぐらい出来たから出してみよう。

って思えるようになりました。

ブログ、後から直せるんですよ。すごくない?

「走りながら考える」みたいなことが少しだけ出来てきた気がします。

ブログで繋がった人達ができた

ブログとTwitterで繋がった人達ができました。

Twitterでやりとりをしたり、記事を寄稿してみたりと、ブログをしていなかったら見えなかった世界です。

繋がってくださった方たちはみんな素敵な方です。

他愛もないやりとりをしたり、困ったことを助けていただいたり、そんな繋がりがとても嬉しいです。

ブログは、自分の知らない世界や、その人の生活を覗き見ることができるので、とても楽しいです。

 ブログを始めて良かった

ブログ始めて良かったです。

最初のうちはどうやったら稼げるのか、どうやったら見栄えよく出来るのか、そんなことばかり考えてた気がします。

けど、見栄を張らずに、等身大で、書きたいものを書く。

管理人が好きだったブロガーさん達のように……まぁ種類が違うからなんとも言えないけど、でも、みんなが読んでくれるような、誰かの心に引っかかったり有益なことがあったりするブログでありたいなぁと思います。

 

ポイ活まとめについてのご報告とポイ活について思う事

最近ポイ活報告の形式をちょっと悩んでいる管理人の風雛(かざひな)です。

というのもね、ポイントって要はその月の買い物の量に依存するんですよ。

だからあんまり毎月報告するのもちょっとなぁ…って。

 

なので次回から

①auPAYゴールドカードの年会費を取り戻した時

②ポイ活に新しい動きがあったとき

この二つのどちらかがあった時に記事を更新していきます。

 

※ここから先はポイ活についての備忘録です。

ポイ活について思う事

最近前にもましてポイ活がゆるゆるになってきました。

たぶん、極めればもっとポイントを貯めることが出来るんだろうけど、なんか疲れちゃって。

これを経由してこうしてこうすればポイント倍、さらに倍みたいな事考えるのは嫌いではないですけど、ある日プツンと疲れてしまう。

ポイ活はやれば目に見えて結果が返ってくるので、楽しいのですが、ハマってしまうとポイントしか見えなくなる。

本当は節約のために貯めていたポイントは、いつしか貯めるために買い物をするという本末転倒なことになることも多いです。

おかげさまで、本末転倒にはならなかったですが、少しのめりこみすぎた感じは否めません。

 

ポイ活をして何か変わったか

何もしていない時に比べて、お金を使う機会が少なくなりました。

自分に合ったポイント還元率の高いカードを作って、そのカードで貯めたポイントで、日用品などを支払う事が多くなったからです。

私の場合、楽天カードが合っていたようです。

auPAYゴールドカードも肌に合うといいなぁ……人生初のゴールドだ。

 

いろいろ手をつけるより、一か所に絞った方がいい

いろんな種類のポイ活をしていますが、1か所に絞った方がポイントは貯まります。

例えばクレジットカードもできれば1枚に絞った方がポイントは貯まりやすいです。

管理人、ネットショッピングと店舗ショッピングをどうしても併用するので貯めるポイントがあちこちになります。

特に店舗に関しては場所によって値段違いますし。

それでもポイントを貯めるとなったら、店舗でも出来るだけ1つにまとめるのが良いのかなぁと。

それこそ、20円の差で移動する時間が30分とかなら、20円高くても近くの店でポイント貯めた方がお買い得です。

ポイ活は程よい距離間が必要

ずっとポイントの計算してるよりも、これだ!って思うものがあるならそれを続けていくのが一番負担は少ないかなぁと思います。

 

1年まとめを発表してみて、管理人の中でもうポイ活の先が見えた感じです。

ポイントはあくまでも、支払った金額に対しての還元です。

お得という言葉に惑わされないで、ポイ活するのが一番長く続けられる気がしますね。

チタンマグカップと焚き火

そろそろ外での活動がしやすくなってきた頃ですね。

天気の良い休みの日にちょこちょこと外飯を始めている、管理人の風雛(かざひな)です。

ソロキャンを始めて2年が経とうとしています。

デイキャンパーではありますが、少しずつ揃えてきたキャンプギアの中でも、かなり男前になったやつがいます。

 

WAQ チタンマグカップ450ml 蓋つき

初めて買ったチタン製のマグカップです。

チタンなのにお手頃で、何より蓋がついているところに惹かれました。

WAQチタンマグカップのメリット

蓋がついている

蓋、すごく便利ですよ。

なんていったって、虫が入らない、灰が入らない、お湯が沸かしやすい。

しかもこの蓋、つまみがぺしゃんこにならないように、つまみにロックがついています。

焚火に使うチタンマグカップ

だから、火にかけながらでも蓋を取りやすいんですよ。

蒸気が逃げる穴もついてるし、安心。

あとね、キャンプでの飲食って基本的にゆっくりになると思うの。

一旦置いておきたいときも、蓋は活躍するよね。

直火でも使える

あんまり熱を与えすぎると、歪んだりするらしいのですが、お湯沸かしたり調理するぐらいの時間だったら問題ないと思われます。

火にかけっぱなしは良くないですけどね。

基本的に焚火を使って料理するスタイルなので、直火が大丈夫なマグカップは、とてもありがたいです。

www.youtube.com

450mlも入るのに軽くてコンパクト

450mlと言ったら、ちょっとした春雨スープとかそういうの作れますよ。

だってほぼ500mlのペットボトルほぼ1本の量が入るんですよ?

それなのにめちゃくちゃ軽くて、スノーピークのアルミクッカーの中にスタッキングできるぐらい小さい。最高。

youtu.be

メモリがついている

内側に目盛がついているので、お水も無駄なく使えます。

WAQチタンマグカップ 目盛

お米炊くとか、料理作るときの計量カップ代わりにもできますね。

WAQチタンマグカップのデメリット

個人的には特にデメリットを感じていないです。

ただ、チタンはアルミに比べて少し温まりにくいです。

でも、別にそんなに苦労はしないです。

お湯が沸くまで焚火を眺めたり、ぼんやりしたりする時間楽しいですから。

ちなみに、そんなの待てないよって方はアルミをお勧めします。

男前になったチタンマグカップ

チタンマグカップ

どうですかこの煤け具合…(悦)

いやぁ育ったねぇ、君。

最初の頃と比べ物にならないよ。

お尻の焦げなんかかっこいいじゃん??

WAQチタンマグカップ 底

見てよこの武骨感。

しかも薪でお湯を沸かすことが多いから、焚火の香りがほんのりするの。

部屋でもよく使うのですが、にこにこしちゃうよね、やっぱり。

これからもガシガシ使っていくよ、もっと育ってくね。楽しみだね。