風のたより

ポイ活しながらたまにキャンプ。自由な時間を増やすべく奮闘中。

チタンマグカップと焚き火

そろそろ外での活動がしやすくなってきた頃ですね。

天気の良い休みの日にちょこちょこと外飯を始めている、管理人の風雛(かざひな)です。

ソロキャンを始めて2年が経とうとしています。

デイキャンパーではありますが、少しずつ揃えてきたキャンプギアの中でも、かなり男前になったやつがいます。

 

WAQ チタンマグカップ450ml 蓋つき

初めて買ったチタン製のマグカップです。

チタンなのにお手頃で、何より蓋がついているところに惹かれました。

WAQチタンマグカップのメリット

蓋がついている

蓋、すごく便利ですよ。

なんていったって、虫が入らない、灰が入らない、お湯が沸かしやすい。

しかもこの蓋、つまみがぺしゃんこにならないように、つまみにロックがついています。

焚火に使うチタンマグカップ

だから、火にかけながらでも蓋を取りやすいんですよ。

蒸気が逃げる穴もついてるし、安心。

あとね、キャンプでの飲食って基本的にゆっくりになると思うの。

一旦置いておきたいときも、蓋は活躍するよね。

直火でも使える

あんまり熱を与えすぎると、歪んだりするらしいのですが、お湯沸かしたり調理するぐらいの時間だったら問題ないと思われます。

火にかけっぱなしは良くないですけどね。

基本的に焚火を使って料理するスタイルなので、直火が大丈夫なマグカップは、とてもありがたいです。

www.youtube.com

450mlも入るのに軽くてコンパクト

450mlと言ったら、ちょっとした春雨スープとかそういうの作れますよ。

だってほぼ500mlのペットボトルほぼ1本の量が入るんですよ?

それなのにめちゃくちゃ軽くて、スノーピークのアルミクッカーの中にスタッキングできるぐらい小さい。最高。

youtu.be

メモリがついている

内側に目盛がついているので、お水も無駄なく使えます。

WAQチタンマグカップ 目盛

お米炊くとか、料理作るときの計量カップ代わりにもできますね。

WAQチタンマグカップのデメリット

個人的には特にデメリットを感じていないです。

ただ、チタンはアルミに比べて少し温まりにくいです。

でも、別にそんなに苦労はしないです。

お湯が沸くまで焚火を眺めたり、ぼんやりしたりする時間楽しいですから。

ちなみに、そんなの待てないよって方はアルミをお勧めします。

男前になったチタンマグカップ

チタンマグカップ

どうですかこの煤け具合…(悦)

いやぁ育ったねぇ、君。

最初の頃と比べ物にならないよ。

お尻の焦げなんかかっこいいじゃん??

WAQチタンマグカップ 底

見てよこの武骨感。

しかも薪でお湯を沸かすことが多いから、焚火の香りがほんのりするの。

部屋でもよく使うのですが、にこにこしちゃうよね、やっぱり。

これからもガシガシ使っていくよ、もっと育ってくね。楽しみだね。