風のたより

ポイ活しながらたまにキャンプ。自由な時間を増やすべく奮闘中。

からっぽペン(ほそ芯)を使ってみた~その後~

みなさまこんにちは。

壁を塗り替えるためのペンキが足りないかもしれないと思いペンキの追加購入を考えている管理人の風雛(かざひな)です。

ギリ足りないかもしれない、でも足りるかもしれない。

ぎりぎりのコーナーを攻めていこうと思います。

 

今回は『からっぽペン(ほそ芯)を使ってみた』のその後です。

kazenox.hatenablog.com

 管理人が筆記具のレビューで好きなのはその後の感想だったり、ずっと使っているとどうなるかとかそういうのだったりします。

今回約半年ぐらい使ってみての感想をまとめました。

結論:書き心地は最初と変わらない

結論から言うと、書き心地はあんまり変わらないです。

ペン先がぐずぐずになったりするのかな、とも思ったのですがそんなこともありません。

半年前

からっぽペンで書いた

半年後

からっぽペンの先

上は『色雫:躑躅』を使っています。

下は四季織の金木犀を使っています。 実はあの後しれっと増やしました(笑)

最初より潰れてる訳でもなければ、インクが変色しているわけでもないです。

やっぱり、インクを持て余したインク沼の住人にもってこいのペンですね。

ペン先とお尻のところはインクが染みている

やはり専用インクを使ってないからなのか、変化したところがあります。

半年前

からっぽペン

半年後

からっぽペン半年後

ペンのお尻の部分にインクが輪のようになっています。

ちなみにインク吸い込み量は、躑躅9割、金木犀7割です。

でも、これ不思議な事に、漏れたりすることはないんですよね。

なので、管理人としては許容範囲かなと思っています。

ペン先に関しては結論のところで載せた画像が分かりやすいです。

若干染まってますね。

からっぽペンは上向き保管がいい

このからっぽペン、ペン先を下向きに保管してるとこんなことになります。

からっぽペンを下向きに保管した場合

そらもう、でろでろにインクが出ます。

インクの大洪水です。

からっぽペンを上向きに保管した時

こちらは、からっぽペンを上向きに保管していた時の筆跡です。

上向きに保管すると、書いててもインクが伸びることはないのですが、下向き保管だとティッシュ必須なぐらいにインクが出ます。

これは万年筆と同じ感じかなぁ…

因みに管理人、万年筆も大好きです。

今あるインクを大事に使おう

半年ぐらい使ってみて思ったけど

やっぱりからっぽペンはいい!!

気軽にインクをどこにでも持ち歩けるってやっぱり良いよ。

なんといっても使い切れないインク(失礼)がマーカー代わりに使える。

使い捨てにはなるけど、全然かまわない。

このペンを開発してくれた方々、本当にありがとうございます。

今回使ったからっぽペンは『ほそ芯』です。

マーカーのほかに、メッセージ書くようなマジックの代用にもなるかと。

大体0.7か0.8mmぐらいの幅感でインクが出ます。

※管理人の感覚です